FC2ブログ
http://emmanuelle.blog53.fc2.com/
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/02/22//Thu.
男と女の♪

はれて、画像使用のお許しをいただきました。
心広くてヨカッタ~。
これで、微調整をぼちぼちやれます。

さて、着物美人がでたとこで、着物って粋だなと思うのは、長襦袢とか羽織の裏に遊びができるとこで、これは差し詰め昔のラブ・グッズ。

いや~ん


48手柄の長襦袢は、子宝を授かる縁起ものという口実はありますが、ちょっと大勢の前で素人がこれは見せられない・・・
勝負襦袢でしょう。(笑

好きねぇ

こちらは男性の羽織裏地。遊びに行くときはこれだったんでしょうか。これを芸者さんとかに見せて、口説けるかどうか計ったりしてね。

男と女の駆け引きが伺えて、ニヤリでございます。


スポンサーサイト
[PR]

2007/02/21//Wed.
sosoru


う~ん・・やっぱりこの絵セクシーだなぁ。

y: http://www.tk2.nmt.ne.jp/~duciel/X-11.html
p:あ・・、くわえてるところ?・・。
y: これ、エロい。 綺麗だし。 こんな顔してフェラしてるんなら 描いてほしいと思っちゃう。
p: ビアン・・、なのかな?・・。<なめてるところ
y: なぜ?
p: だって・・。 男根の、根元、みえてないし・・。
y: だからさ、 一切描かないけど 男根だって わかるじゃん。 とろんとした目つきでさ。
p: わたしは、一瞬、思ったのは、女性同士の、えっちだな・・と・・。
y: ったく~。 見る目がないわね。
p: いや・・。 指を、よく、見てごらんよ・・。
p: あれは、物を、握っている、指では、ないよ・・。
y: あのね 武器にぎるみたいに、 がっちり握ってどうするのよ。
p: 武器は、ああゆうふうには、握らない・・。
y: ひきだして、いまから 大きくするとこでしょ。
y: 上から男がみててさ、 ちょっと恥ずかしいけど
p: ふーん・・、わかった・・、まだ、ちっこい、男根なんだね・・。
y: くわえずにはいられない・・
y: そそ
y: 大きかったらよだれでちゃうもん。
y: http://www.tk2.nmt.ne.jp/~duciel/X-17.html
p:あのさぁ・・・悪いけど、今さぁ。
y: ぁ、お仕事ちゅ?
p: うん・・。
y: ごめんなさい。
p: しかし、いい尻、してるなあ・・。<画像
y: うふふ。 綺麗でしょ?
p: うん・・、綺麗と、いうより、そそられる・・。
y: だよねぇ。
p: いれたい・・。
y: 絵なのに
p: 起ってきてるし・・。
y: あはは。 すごいね、この作者。

下手にすっぱで足広げてる写真よりそそります。

「女性はフェラしてる顔がいちばん綺麗。」
「フェラしてる顔写メしていい?」


こう言われて、間の抜けた顔してるに違いないのに、
なぜ男性がフェラしてる顔を好むのか疑問だったのですけど、
これを見てちょっぴりわかる気がした。(でも、ヤダ。)



2007/02/19//Mon.
妖艶美術館 【Toshizoh Inamura】


ひとめぼれでございます。
稲村トシゾーさま。

妖艶美術館
http://www005.upp.so-net.ne.jp/youen-bijutsu/



タイトル画に使用させていただこうとメールするやいなやしこしこカスタマイズして、お許しを待っていたのですけど、プレビューするたびにたまらなくなってしまいました。

エロティックで、綺麗で、物語を想像してしまう。
見とれてしまうでしょう?

ダメだしきたら、スキン変更いたしますので、それまでお楽しみくださいませね。



2007/02/05//Mon.
観察と分析


ラブホテルの入り方を童貞が学習する


 堂々と告白することではないが、私は今年で24歳になるが、まだ童貞である。来年はとうとう25歳になる。そこで、カッコよく童貞を喪失するために、まずはラブホテルの入り方に注目してみた..........
≪続きを読む≫

huro
「25歳で童貞だと魔法が使える」というのも、
ツッコミ心をくすぐってやまないのだが、
とりあえずラブホの入り方に関して、あなたは何派でしょうか? 

地方だと車が大多数だと思います。
それでも、車内の雰囲気は微妙にちがうと思われます。
ハードボイルドかフレンドリーがはたまた緊張感漂うか。

都会のラブホ街、最近は二人以上でも堂々と歩いて入るのもめずらしくないようですが、それは「穴兄弟はいやだ。」と思わない一部のヘンタイさんだけ?(笑

そういえば都内某所のラブホ2時間1万が標準で、タクシーを呼んでもらえないかと言ったら断られました。
都内って、安いと思ってたからちょっとびっくり。
タクシーはすぐ拾えるけどね。

女性としては、入るホテルでその男性のセンスや自分がその男性にとって、どのくらいの位置に考えられているのかを計るってこともあるかもしれません。遊び慣れた男とか、とりあえずやっちゃいたいだけなのか、大切に思ってくれてるのかとかね・・・。

2007/02/03//Sat.
kaoru

これ以上大きくなりません残念。全裸美女の死体のポスターが掲示禁止になったとか。
死体のポスターってB級映画かなんかのかと思ったら、ダスティ・ホフマンも出演している映画で、究極の香水を作るために殺人をも厭わない男の物語らしい。

物語自体の焦点は、エロティックというより異常性にあるのでしょうけど、匂いというのは、セックスアピールの有力な方法です。

源氏物語でも匂いの宮、薫の宮と嗅覚に訴える名前が登場する。
紫式部はいろいろな角度からセクシィについて研究したのかもね。

先日「あなたこのシャンプー使ってる?」と聞かれた。
ちょっと驚いて「使ってるけど?」と言ったら、
使っているうちにシャンプーの匂いが枕にうつったのか、
寝るときに私を思い出してしまうのだって。

匂いとか声とか記憶に残るものでしょ。と彼は言う。

私はそれほど


続きを読ム

妖冶のひとり語り-eroく、楽しく、美しく-

template by 白黒素材

//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。