FC2ブログ
http://emmanuelle.blog53.fc2.com/
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/05/31//Wed.
美青年

十二歳 この年の頃からは、早や、だんだん声も調子に乗ってきて、わきまえもできてくる。先ず、童形なので、何をしても幽玄である。
稚児姿の美しさと声の良さと、二つの好条件があるので、悪い所はかくれ、よい事はいよいよ花やいで見える。
 しかし、この花は、誠の花ではない。ただ、年齢による一時の花である。

十七、八歳 この頃は、先ず、声が変わったので第一の花は失っている。身体付きも腰高になるので、姿の美しさも失せる。手立てが、ぱったり変わってしまったので、オーラがなくなってしまい、観客も退屈する。

二十四、五歳 この頃は、声も身体も定まる時分である。それで人の目にも立つようになる。
 しかし、これも誠の花ではない。年の盛りと、見る人の珍しさによる花である。本当の目利きは見分けがつくものだ。
 
この一時の花に迷って、すぐに花の失せるのも知らないで、極めたような風をするのはあさましいことだ。自分の位のほどを心得ず、位より上と思えば、もともとあった位の花も失うものだ。よくよく心得るべきである。 (風姿花伝より)



原典は世阿弥の「風姿花伝」である。「花伝書」と呼ばれることもあって、生け花の本と取り違えていたりはしないだろうか?(苦笑)

芸能論であるのだが、その表すものは奥深い。これを美青年の一生にリリーブルーさんは例えました。

美青年-女性向け小説-

スポンサーサイト
[PR]

コメント

花伝書そのものが、美青年が生涯をかけて追求したものの答えですからね。世阿弥の舞う姿、見てみたかった…
ぺぺ URL 05/31//Wed. [編集]
さすが芸能(言い方が古い^^;)関係には敏感ですね。達人にはオーラみたいなものがあって、単に見かけだけでなく惹きつけるものがあるんですよねぇ。
私生活は枠にはまらなかったりします。
youya URL 06/01//Thu. [編集]
いろいろな解釈ができるから、紹介もこれにいたしました^^。この美青年さんね、なんか拾ってきちゃったのですが、和風に見えてどうも韓国の方らしいのです。(汗)
youya URL 06/01//Thu. [編集]








ブログ管理人にのみ表示を許可する

妖冶のひとり語り-eroく、楽しく、美しく-

template by 白黒素材

//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。